こどもの矯正|北千住で小児矯正ならうめざわ歯科医院へ。足立区,小児歯科

北千住,歯医者,HOME

足立区,小児歯科,こどもの矯正
うめざわ歯科医院 HOME > こどもの矯正

足立区北千住の歯科・歯医者 小児矯正について

小児矯正治療とは、顎骨が成長している子供の時期に行う矯正のことです。
顎の骨の成長が終わってしまっている大人に比べ、子供の時期だと成長段階なので歯が動きやすく、成長に合わせコントロールしながら矯正治療を行うことが可能です。

矯正治療自体は大人になってからでも可能なのですが、子供の時期に矯正をするほうが負担は少なく、理想的な矯正治療を行えます。

小児矯正歯科とは

子供の矯正治療は、顎の骨のバランスや大きさを調整する一期治療と、歯を並べて咬み合わせを改善する二期治療の2段階に分けて治療します。

足立区,小児歯科,小児矯正治療のメリット

小児矯正歯科とは

小児矯正治療の大きなメリットは、まだまだお子様に発育する力が充分に残っているという点です。

大人になったとき、永久歯で正常な咬み合せにするための土台となる顎の成長を正しい方向へと促す「成長誘導」が可能なのはお子様ならではです。

成長時期の骨格への治療は、正常な歯並びのための基礎ができるため、大人になってから矯正治療に移行した場合に歯を抜かなくても、効果的な治療ができる可能性が非常に高いです。

上下左右の骨格にズレがある場合には、顎の成長を利用できるこの時期に成長を抑制したり、促進したりすることでズレを改善し、バランスの良い顎を形成します。

足立区北千住の歯科・歯医者 治療期間中の注意点

こどもの矯正歯科治療では、注意をしないといけないポイントがいくつかあります。

■ こどもの歯並び
「先生、うちの子は子供の歯のときは、きれいにぎっしり歯が並んでいたんです」と言って相談に来られる方が多いのですが、永久歯は乳歯よりも大きいので、隙間が空いていなくてはいけないのです。
隙間がなく歯が生え変わることで、前後にガタガタになったり歯が傾いて生えてしまうことになります。乳歯の状態で隙間がないようでしたら一度ご相談に来られることをおすすめします。
■ 治療開始時期
小児矯正治療の一番のメリットは、乳歯が残っていることです。
永久歯が生えそろってからの矯正治療では、歯を削ったり抜く治療を行わざるを得ないことが多々あります。しかし、乳歯が生えている時期は歯が動きやすく、また抜くことになってもその後に生えてくる永久歯をコントロールすることができるので、将来的に綺麗な歯並びを作ることができます。
治療開始時期にお悩みの方は一度診察に来ていただき、一緒に開始時期を考えましょう。
■ 矯正装置
「矯正装置は痛そう…、一日中付けていないといけないのはかわいそう…」そうお思いの方が多いようです。
小児期の矯正治療では、5歳くらいのお子さんが自分で取り外しができる装置を使用いたしますので、学校に行くときには外していただいて結構です。また、小児用の装置ですので、痛みがほとんどでないようになっています。
もちろんずっと外していては歯が動きませんので、学校から帰ってきたり寝る際にはきちんと付けるようにご指導してあげてください。
■ 生活習慣(癖)
歯並びが悪くなる要因は遺伝などもありますが、ほとんどが生活習慣です。
肩肘をつく癖や片側だけで噛む癖など生活習慣自体を直していかないと装置をつけて綺麗な歯並びができたとしても元に戻ってしまいます。
矯正治療を開始した後も経過を見ながら、癖を直すお手伝いをいたしますので、一緒に頑張りましょう。
このページの先頭へ